保湿をしよう

アトピーの治療には肌のバリア機能を正常に働かせることが大切だと言われています。その肌のバリア機能に必要なことは適切な保湿です。肌のバリア機能にはどのような保湿ケアが必要となってくるのでしょうか。

保湿ケアまず、基本であり、もっとも大切なものは入浴直後の保湿ケアです。入浴直後は体が潤っている反面、皮脂が洗い流れているので、すぐに乾燥していきます。そのため5分以内に保湿ケアをする必要があるのです。保湿剤を全身に塗ることで体にフタをして水分が逃げていくのを防ぎます。また、外からの刺激を防ぐ効果もあるため、日常的に行うようにしましょう。

また、汗をかく行為についてです。こちらは汗の成分が肌を刺激することによって長時間残っていると症状の悪化につながります。しかし、最近の研究では汗をかかない患者さんは汗をかく患者よりも症状が重くなるという報告もあるようです。これは汗に含まれる肌を潤すバリア機能が関係しているのではないかとも言われています。しかし、汗をかいたら、しっかり拭き取り保湿をすることが大切です。

アトピー肌には日常的に保湿をすることが大切になっています。肌にうるおいを与えることによってバリア機能が活発に働くことを覚えておきましょう。

<参照サイト>アトピー

アトピー悪化の原因

アトピーを悪化させてしまう原因とはどのようなものがあるのでしょうか。一般的に改善と悪化を繰り返すとされるアトピーの症状ですが、辛いアトピーですから、悪化させたくないという人も多いかと思います。一体、どのようなことがアトピーを悪化させてしまうのでしょうか。

掻くまず、1番に気をつけたいのが「掻く」という行為です。非常に強いかゆみを持つアトピーですので、それを鎮めるために皮膚を掻きたくなってしまう人もいるかと思います。しかし、これは肌のバリア機能を破壊してしまうのです。皮膚の刺激によってかゆみを生み出すアトピーの症状が、肌のバリア機能低下によって、よりかゆみが強くなります。そして、またさらに肌を掻きむしってしまうという悪循環に陥ってしまう、ある意味では最大の悪化の原因と言えるでしょう。そのため、かゆみが生じたときには、掻くのではなく、そのかゆみの原因を把握して、それを除去することが重要となってくるようです。

アトピーの特徴であるかゆみ。そのかゆみのために肌を掻いてしまうことは、肌のバリア機能を破壊して、さらなるかゆみを生み出す原因となります。そのため、アトピーのときには肌を掻かないようにしましょう。原因をしっかり分析することが大切です。

清潔な肌を保つには

アトピー肌にとって大切なのは、肌のバリア機能が正常に働いている状態が保たれていることだと言われています。そのために必要となるのが肌の適切な戦場です。清潔な肌を保つためにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

汚れを落とす肌を清潔に保つには、皮膚に付着した汚れを落とすことが重要になっています。外気に触れている肌はホコリなどが付着しているだけでなく、汗や細菌も付いているのです。こうしたものを洗い流し、清潔にしておくことがアトピー肌にとって重要なのです。また、石鹸は刺激の強いものを使うと肌にダメージが残る可能性があります。そのため、洗浄力が強すぎないものを選びましょう。さらに、ゴシゴシと強い力で擦ると肌のバリア機能が低下してしまう可能性があります。そのため、しっかりと泡立てて優しく撫でるように洗っていくことが大切になっていきます。よく洗ったら泡が残らないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

清潔な肌を毎日保つことはアトピー肌の人にとって大変重要視されているようです。使用する石鹸は洗浄力の強すぎないものを選びましょう。さらに、優しく泡を使って撫でるように洗うことで、肌の持っているバリア機能を傷つけることなく洗うことが出来るようです。

防ごう肌トラブル

肌トラブル肌トラブルの中でも、特に日常生活を送る上で非常に辛い思いをしている人もいるアトピー肌。これらは強いかゆみを持っているだけでなく、外見にも症状が現れてしまうため、深刻な悩みとしている場合もあるようです。いったい、アトピー肌を改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、挙げられるのが肌を清潔に保つことです。汗やホコリ、細菌といった外的刺激がアトピーに働きかけてしまうことを防ぐためにしっかりと洗い流しましょう。また、そのときには泡を立てて、擦るのではなく撫でるように優しく洗ってください。また、アトピーの原因として最も大きなものとして挙げられるのは体を掻くという行為です。かゆさに耐えかねて体を掻いてしまうと、肌のバリア機能が剥がれ落ちてしまいます。そのことで肌が外からの刺激を受けやすくなり、さらにかゆみが増幅してしまうのです。このような悪循環を防ぐためにも、まず体を掻くことをやめて、何がアトピーの原因なのかを確かめ、その原因を除去するように努めましょう。さらに、保湿を心がけることも非常に重要です。保湿は入浴後すぐに保湿剤を使って行います。また、汗の刺激がアトピーに悪影響を与えることもわかっていますが、汗の持つ肌バリア機能を高める働きによってアトピー肌が改善されるというデータもあります。

アトピー肌に悩み人の手助けになりたい。その思いでこの記事を書かせていただきました。一体何がアトピー肌に良いのか。それを知りたい人は必見です。