保湿をしよう

アトピーの治療には肌のバリア機能を正常に働かせることが大切だと言われています。その肌のバリア機能に必要なことは適切な保湿です。肌のバリア機能にはどのような保湿ケアが必要となってくるのでしょうか。

保湿ケアまず、基本であり、もっとも大切なものは入浴直後の保湿ケアです。入浴直後は体が潤っている反面、皮脂が洗い流れているので、すぐに乾燥していきます。そのため5分以内に保湿ケアをする必要があるのです。保湿剤を全身に塗ることで体にフタをして水分が逃げていくのを防ぎます。また、外からの刺激を防ぐ効果もあるため、日常的に行うようにしましょう。

また、汗をかく行為についてです。こちらは汗の成分が肌を刺激することによって長時間残っていると症状の悪化につながります。しかし、最近の研究では汗をかかない患者さんは汗をかく患者よりも症状が重くなるという報告もあるようです。これは汗に含まれる肌を潤すバリア機能が関係しているのではないかとも言われています。しかし、汗をかいたら、しっかり拭き取り保湿をすることが大切です。

アトピー肌には日常的に保湿をすることが大切になっています。肌にうるおいを与えることによってバリア機能が活発に働くことを覚えておきましょう。

<参照サイト>アトピー