アトピー悪化の原因

アトピーを悪化させてしまう原因とはどのようなものがあるのでしょうか。一般的に改善と悪化を繰り返すとされるアトピーの症状ですが、辛いアトピーですから、悪化させたくないという人も多いかと思います。一体、どのようなことがアトピーを悪化させてしまうのでしょうか。

掻くまず、1番に気をつけたいのが「掻く」という行為です。非常に強いかゆみを持つアトピーですので、それを鎮めるために皮膚を掻きたくなってしまう人もいるかと思います。しかし、これは肌のバリア機能を破壊してしまうのです。皮膚の刺激によってかゆみを生み出すアトピーの症状が、肌のバリア機能低下によって、よりかゆみが強くなります。そして、またさらに肌を掻きむしってしまうという悪循環に陥ってしまう、ある意味では最大の悪化の原因と言えるでしょう。そのため、かゆみが生じたときには、掻くのではなく、そのかゆみの原因を把握して、それを除去することが重要となってくるようです。

アトピーの特徴であるかゆみ。そのかゆみのために肌を掻いてしまうことは、肌のバリア機能を破壊して、さらなるかゆみを生み出す原因となります。そのため、アトピーのときには肌を掻かないようにしましょう。原因をしっかり分析することが大切です。